チャート分析、マイルール、ポジションを持った理由、雑談、何でも書いてみようかなと思ってます。

ブログ村に参加してみました!クリックすると私の男前が上がるそうです。たまに応援してね。
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ「サラリーマンこぶた」似合わなくない?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|--/--/-- --:--|スポンサー広告||TOP↑
今日は久しぶりに相場の勉強の事を書きます。

私は去年10月頃から、システムマンさんのブログFXなんでもかんでも・・・All you need is TREND!(仮題)をいつもチェックしています。
THVシステムなどかなり本格的と思えるシステムのマニュアルを和訳されていたり、
いつも大変お世話になっているので、今日は宣伝しちゃいます。
とても役に立つ情報を紹介してくれていますし、紹介されている書籍も良いものが多いです。

さて、そんな中で最近私が興味深いと思った記事を。


ダイバージェンスについて

ここではダイバージェンスには二つあると紹介されています。
Regular
Hidden
頂点が最高値(または最安値)であるヘッドアンドショルダーの値動きを例にした場合、
頂点と左肩の間にできるのがRegular
頂点と右肩の間にできるのがHidden
だと理解しました。(違ってたらごめんなさい)
最高値(または最安値)形成時に現れるか、その後現れるかの違いですね。
どちらのサインも、それまでのトレンドの反転可能性を示すサインとして利用できそうです。

単純に高値安値に注目して、インジケータと比較をすると、実に様々な場所にダイバージェンスを発見することができます。そして、それぞれがどういうサインなのか混乱してしまうことがありました。
○どの波をひとつのトレンドとして認識しているか。
○今回見つけたダイバージェンスは、どのトレンドに対するサインなのか。
こういった視点がズレてしまうと、混乱しかねないということを経験しました。
ただ、値動きにも特徴があるように(いわゆるプライスパターンですね)
色々みていると、上昇時期のインジケータの形、下降時期のインジケータの形にも特徴があるようで、惑わされることが少なくなるかもしれません。

ダマシもありますので、値動きは必ず確認しておく必要があります。
Regularサインが出たあとも、高値(または安値)更新があればダマシになります。
が、その更新高値(または更新安値)でもダイバー継続することがあります。
3回ほど高値更新ダイバー継続しその後反転、なんて動きもします。
別の時間足でみると、また違っていたりします。
こういった時は移動平均線との乖離などと見比べると興味深いかもしれません。
(ただの思いつきにつきかなり無責任)



良いタイミングで相場に参加するのはなかなか難しいです。
後になれば、ああ、あそこで参加すれば良かった。とわかるんですが。
肝心なのは、相場に参加できるタイミングに何を実行するのか。実行しないのか。ということだと思ってます。
最終的には利益が出るかどうかです。
最近は、まる1日チャートを見れない日もあるので、ある程度の変動幅を見据えた上でどこまで割り切ってリスクをとれるかを考えていました。
決断の仕方は本当に人それぞれと思いますが、
自分が参加できるタイミングで、後悔のしないトレードを目指すしかないんじゃないかな。
スポンサーサイト
|2009/03/14 02:28|FX日記/たまに雑記コメント(12)TOP↑

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。